埼玉 高齢者 ドライバー 安全装置

③車線逸脱警報装置 (ldws) 175万円控除 複数装置装着 最大525万円控除 ※車両総重量等により対象装置は異なります。また、複数装置を備えることが条件となる自動車があり、対象期 間も異なります。詳細は別表をご確認ください。. 高齢者交通安全ニュースのご案内 運転時認知障害早期発見チェックリスト30について ヤクルト販売会社6社との「高齢者を交通事故から守る活動に関する協定」の締結について. という声もよく聞かれます。まだ大丈夫と感じる方こそ、大丈夫なうちにしっかり備えをすることも大切。今回は、シニアドライバーにオススメの後付けできる安心アイテムをご紹介し. 軽乗用車がもっとも低減効果が少ない理由はいくつか考えられるが、高齢ドライバーが運転しているケースが多いからと予想するのは間違いだ。少なくとも軽乗用車においては29歳以下のドライバーが追突事故を起こしている割合が多い。その比率は約40%と圧倒的だ。 これは若年ドライバーのほうが速度を出す傾向にあることが理由として考えられるという。つまり、高齢ドライバーの多くはスピードをさほど出さないのでAEBSで停止できるが、若年層は速度を出す傾向にあるのでAEBSが作動しても停止まではいたらずに事故になってしまうというわけだ。AEBSは車両が持っている以上の制動力を出すことはできないからだ。 こうしたデータからもわかるように、すでにAEBSの効果は高齢ドライバーの追突事故減少という結果につながっている。義務化によってAEBSの普及率が上がれば追突事故のさらなる現象が期待できる。一方で、AEBSが衝突被害軽減ブレーキである限り、速度超過の状態では停止までカバーできない。 ドライバーの属性やAEBSの有無にかかわらず、大幅な速度超過や極端に短い車間距離といった危険度の高い運転をすることは交通事故の減少につながらないことを、しっかりと肝に銘じて運転してほしい。. 小松市役所市民サービス課(交通安全担当) 添付書類. 政府は、年6月18日の関係閣僚会議で、認知機能検査と高齢者講習が義務付けられている75歳以上を対象とした、高齢者向けの免許制度の創設を決めた。 免許証にAT限定免許のような条件を加えて、衝突被害軽減ブレーキや踏み間違い加速抑制防止装置、車線逸脱防止装置などの運転費補助装置がついたクルマに限定するようだ。 このペダル踏み間違い抑制装置には性能認証制度を設けて、性能の高い装置の普及を図るという。 一律に義務付けるのは困難との見方もあり、義務化するのではなく、選択制になる見込み。 具体的な制度設計は今後詰めて年度中に詳細を固め、年度以降、早期の実現を目指すという。 ただ、高齢ドライバーが新たにペダル踏み間違い加速抑制装置が装着された新車を購入できるのか? 現在乗っているクルマにペダル踏み間違い加速抑制装置を後付けにした場合でも、安全に装着されたかどうかの検査や、補助金を出すのかなど、細かい事項も決めていかなくてはならない。. 一般社団法人次世代自動車振興センターホームページ(外部リンク) ※「サポカー補助金」は申請総額が予算額を超過次第、募集が終了します。.

サポカー補助金の申請受付を3月9日に開始します(経済産業省ホームページ) 2. 5月に県内各地でひょうが降り、梨農家に甚大な被害をもたらした。県は5市1町で特別災害に指定(※)したが、農薬や肥料購入費の補助だけでは不十分である。梨は地域振興の役割も担っている。廃業農家を一軒も出さないように、県が被災農家を全力で支援する決意を伺う。 降ひょう翌日から市町やJAと連携し、現地で被害軽減の技術指導を行っているほか、特別災害に指定した市町と連携し、被害による掛かり増し経費を補助する。「彩玉(※)」など埼玉の梨は全国に誇る特産品である。被害農家が営農を継続できるよう県が先頭に立ち支援する。 ページの先頭へ戻る. 次世代自動車振興センターに郵送 5. 6kb)になります。 【郵送先】 〒小松市小馬出町91番地.

衝突被害軽減ブレーキは万能ではありません!(国土交通省ホームページ) 2. 高齢者ドライバーによる死亡事故が全国各地で相次ぎ、その対策が急務となっています。 まずは免許の返納ということも選択肢の一つとして考えられますし、自動運転実用化にもまだまだ課題も多く、一朝一夕に進みそうにもありません。. 認定取扱事業者の店舗等で取付 2. サポカー補助金の対象となる車種・グレード等について(経済産業省ホームページ) 2.

昨年、県議会で百条委員会(※)が設置された。転用が原則許可されない第一種農地が例外的に許可され、条件に違反して転売された件に関して、経緯や手続きを調査した。その結果不適切な事実が判明したが、県および市は本事案を見直し、再度適切な処分をすべきではないか。 県は、当時、市の開発許可の見込みを確認するなど、転用許可基準の適用を適正に行った。利益的処分の取り消しは、それにより生じる法的安定性への影響などを十分考慮する必要があり、慎重な判断が要求される。百条委員会の指摘をしっかり受け止め、事務の改善を講じていく。 ページの先頭へ戻る. 高齢ドライバー事故、免許証返納ではない解決策 「後付け」の安全装置も出現。自動ブレーキ義務化も視野に /02/09 中西 享,伊藤 悟 「母が軽度の認知症と診断され、運転免許証を返納させるか否か、家族で揉めています」. 多様な機能を持つ街路樹は県内の多くで形状が悪化し、豊かな緑陰を形成していない。適正に管理して都市の魅力向上に活用するため、新たな街路樹マネジメント方針を策定すべきではないか。また、本来の機能を発揮させる新たな街路樹管理マニュアルの策定を検討してはどうか。 街路樹は都市の魅力向上の資源として活用することも重要であり、地域特性を生かすなど市町村と連携して今後の在り方を検討する。街路樹・樹形再生マニュアル策定から12年経過したため、新たな視点を取り入れ、安全で快適な道路空間の形成に向けて一定の見直しを進める。 ページの先頭へ戻る. 高齢ドライバーによる交通事故が社会問題になっていることを背景に、東京都が「高齢者安全運転支援装置設置促進事業補助金」をスタートさせたのは知られているところ。クルマに安全サポート機能装置を取り付けた場合、費用の一部をサポートする制度で、運転ミスによる交通事故を無くす.

認定取扱事業者に補助金交付(振込) 1. 高齢者による交通事故の問題がよく報じられる昨今。衰えを感じるわけではないが、年齢的に心配もある. 高齢ドライバーによる事故を防ぐ対策を検討している都は11日、アクセルとブレーキの踏み間違いを防止する装置などを付ける高齢者に対し. 補助対象車両の登録・届出 2.

東京都が補助金を出すこととなった、急加速抑制装置としての機能を有する安全運転支援装置ってなに?値段はいくら? 東京都以外に住んでいる方や高齢者以外のドライバーの方も、安全のために、是非この機会に知っておきたいですね。. その「AEBS」が義務化されるという話はご存知だろうか。年2月、国連欧州経済委員会において年初めから新車にAEBSを義務化する規制案に、日本を含めた40か国が合意した。もっとも、日本においてはすでに新車の半数以上(7割以上という声もある)にAEBSが搭載されている状態であり、非現実的な話ではない。むしろ、現状からすると自然に受け入れられる義務化といえる。 さらにいえば、大型のバス・トラックにおいては年9月以降のすべての新車(継続生産車含む)にAEBSが義務付けられている。単純に、それが乗用車や小型商用車まで拡大するというだけの話だ。とはいえ、正式な発表はされていないので、どのような順番で義務化が拡大するのかは未定といえる。おそらく新型車から義務化となって、時間をおいて継続生産車も対応を求めるといった流れになるだろう。 義務化されるAEBSの基準については、すでに国土交通省が認定制度で示しているように「静止している前方車両に対して50km/hで接近した際に、衝突しない又は衝突時の速度が20km/h以下となること」、「20km/hで走行する前方車両に対して50km/hで接近した際に、衝突しないこと」、「衝突被害軽減ブレーキが作動する少なくとも0. ※議員の氏名の一部にJIS規格第1・第2水準にない文字がある場合、第1・第2水準の漢字で表記しています。 ページの先頭へ戻る. 運転免許は一度取得したら、その後は運転する権利を得ていると思っているドライバーも多い。 しかし実際には免許というのは、本来は運転できるだけの知識と身体機能、技能を有していることの証明であるから、どれか1つでも欠けてしまったら免許の効力が失われるべきものなのだ。 重大な交通事故を起こしたり、交通違反を繰り返して免許取り消しになるのも、運転する能力が低いからであり、同じように老化によって運転する能力が低下してしまったら、免許の効力を失うのはしかたのないことだ。 しかし、これを認知能力が低下してきた高齢ドライバーに理解してもらうのは難しい。 一律に年齢で制限してしまうと、地方でクルマを仕事で使っている高齢者が困ることにもなりかねない。 それに今後、企業の定年がさらに引き上げられたら、リタイアして数年ですぐに運転することができなくなってしまう状況に陥ってしまうのも困ることになる。 今後の高齢化社会を支えるのは高齢者自身であり、経済活動をしてもらわないと国内景気はどんどん右肩下がりに急降下していってしまう。現時点でも高齢者の経済活動は、巡り巡って日本の景気を支えている部分もある。 前述したが、現在、政府が新設を検討している75歳以上の高齢者向け運転免許は、衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い加速抑制装置を装備したクルマに限って運転できるとする限定条件付きの免許。 しかも選択制が導入されるという情報もあり、自ら条件付きの免許を選ばなければ効力がないことになる。 それでも効果がないとは言わないが、根本的な解決策とはならないのではないだろうか。 しかも、実際に施行されるのは年以降と言われている。そんな悠長なことをせずに来年、年度(年4月~)から施行してほしいものである。 現行の免許制度が制定された頃には、平均寿命が80歳を超えるなんてことは、ましてやそんな高齢者がクルマを運転することは想定されていなかった。それも、今の高齢者ドライバー問題が抱える歪みの原因の1つだろう。 やはり解決策としては、一定の年齢以上になったら運転免許を取り直す制度を作るべきだろう。それによって安全に運転できる能力があるかキッチリと判断してもらえる。 現在行なわれている高齢者向けの講習や、認知検査などより合格のハードルは高くなるが、そうしなければ高齢者ドライバーによる交通事故を. . 15日、高齢ドライバーの交通事故が増加していることを受け、安倍首相は事故防止に向けた対策を進めていくよう関係閣僚に指示をした。相次ぐ.

県は災害用備蓄物資を備える防災拠点校のうち近くに避難所がない学校体育館に空調機器用の電気設備を整備するとしている。災害時の避難所としての活用も考え、可動式のエアコンではなく、設置式のエアコン設置を前提として電気設備を整備すべきではないか。 体育館に設置式エアコンを整備すると初期投資とランニングコストが高額になるため、早期に整備可能な災害対応用電源を緊急防災・減災事業債を用いて整備し、災害時に可動式エアコンで対応することとした。この整備により設置式エアコンにも対応可能な電気容量を確保できる。 ページの先頭へ戻る. 認定取扱事業者による補助金交付申請書類作成 4. 補正予算案に「サポカー補助金」が盛り込まれました(経済産業省ホームページ) 2. 審査及び補助金交付決定 5. 筆者自身のことを話させてもらうと、自分自身もいわゆる8050世代だが、父親は70歳で運転免許を返納した。 若かりし頃はハコスカやハーレーを乗り回し、タクシーの運転手であったこともあったほどのクルマ&バイク好きだったが、最後はスクーターを乗り回すにも不安があったため、自分で免許を返納してくれたのだ。 おかげで免許返納させるための苦労は味わっていないが、介護ドライバーを体験したり、過疎地でのモビリティサービスの実証実験を取材するなど、高齢者の移動困難という問題をどう解決すべきか、さまざまな角度から考える機会をもらっている。 自分の親兄弟の運転操作が危ういと感じたら一方的に説得するのではなく、車両が持ち込める自動車教習所へ一緒に行って教官に運転を見てもらって判断してもらうなど、客観的に可否を下してもらい、それを本人にも認めてもらえば納得してもらいやすくなるだろう。. 補正予算案に「サポカー補助金」が盛り込まれました(国土交通省ホームページ) 1. . 子どもを取り巻く課題 虐待事件を「0」にするために.

選択する人なんているのか? 安全装置を標準化も進めないと意味がない気がする。. 高齢者ドライバーによる死亡事故が全国各地で相次ぎ、対策が急務であるが、免許返納には課題も多い。高齢者ドライバーが加害者とならないための対策について伺う。また、ブレーキとアクセルの踏み間違いなどを防止する装置の購入費用補助を検討してはどうか。 平成28年度から高齢者向けの安全運転推進プロジェクトで、講習会などを実施した。免許返納を促すため、昨年度から相談に応じる職員の派遣など市町村を支援している。踏み間違いによる急発進防止装置は補助の必要性について国などの動向を研究し、普及の施策を検討する。 ページの先頭へ戻る. 高齢ドライバーによる死亡事故が全国各地で相次いでいることを受け、東京都は4日、アクセルとブレーキの踏み間違いなどを防止する装置の購入. 購入者は補助金相当分を控除した額を店舗等で支払い 3. セーフティ・サポートカーをご存知ですか? 政府は、高齢運転者による交通事故防止対策の一環として、衝突被害軽減ブレーキなどの先進安全技術を活用した一定の運転支援機能を備え付けた車「安全運転サポート車」の普及啓発に官民あげて取り組んでいます。.

後付けの安全装置は国 の認定を受けた商品のみが補助対象となりますので、ご留意 ください。 商品名は以下の対象となる安全装置を参照してください。なお、安全装置設置証明書の商品名も以下のとおり統一してください。 増加している高齢ドライバーの交通事故・・・ 全国の交通事故発生件数は、過去最悪を記録した年から年々減少しています。 しかし、65歳以上の高齢ドライバーの事故の件数は10年前の約1. See full list on pref. サポカー補助金の対象となる車種・グレード等について(国土交通省ホームページ) 1. 東京都が発表した「令和元年度 東京都高齢者安全運転支援装置設置補助制度」の基本知識や安全運転支援装置の概要、トヨタの踏み間違い加速制御システムなど、高齢ドライバーの事故防止につながる情報をご紹介します。. 県民生活部 防犯・交通安全課 総務・交通安全担当 郵便番号埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号 第3庁舎1階 電話:. 衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い急発進抑制装置などの機能は、交通事故の防止や被害の軽減に役立ちますが、条件によっては作動しない場合もあります。 装置の機能を過信せず、引き続き安全運転を心がけてください。 1.

審査及び補助金交付決定 6. 8%を占め、過去最高を記録した。 そんななか、年4月19日におきた東京・池袋の悲惨な交通事故以来、全国的に免許を返納する高齢者ドライバーが急増している。 この事故をうけて警視庁管内では5月の大型連休後の3日間だけで通常に2倍以上にあたる約1200人が免許を自主返納したという。 免許所有者は必ずしも移動にはクルマの運転が必要な方ばかりではないだろうが、運転免許を返納するということは、自分が社会的に自立した人間ではなくなってしまうような気がするのだろう。 不安とプライドが入り交じって、なかなか返納に踏み切れない方も多いようだ。判断力が鈍ったり、感情を抑えることが難しくなってくることもあって、周囲の人間の説得もなかなか難しいものがある。 そのため、「運転操作ミスによる交通事故を防ぐためにも75歳で免許を返納すべきだ」、なんて定年制を訴える人もいる。気持ちはわからなくもないが、運転免許を定年制で打ち切ってしまうのはいささか暴論過ぎるだろう。 高齢ドライバーの運転操作ミスによる交通事故で若い人命が失われてしまうのは、確かにやり切れない。 しかし、高齢者でなくても、運転操作をミスするドライバーは存在する。ならば一定上の経験年数があるドライバーで運転が下手なドライバーは、即座に免許取り消しにしなければならなくなるではないか。 自分が高齢者になった時のことを想像してみてほしい。年齢が75歳に達したというだけで運転免許を取り上げられて、移動の自由を奪われても平気でいられるだろうか。 後期高齢者は公共交通機関や親族が運転するクルマに乗せてもらえばいい、と考えるのは他人事だからだ。 なるべくならそういった移動手段を使ってほしいとは思うが、高齢になってもキチンと運転する能力を有する人には運転免許の保持を認めてあげるべきだ。 そもそも定年制を訴える人は、「運転免許を返納させれば高齢者ドライバーは運転しない」とでも思っているのだろうか。 善良な多くの高齢ドライバーはイザ知らず、問題を抱えた高齢ドライバーに常識が通じると考えてしまうのは、いささか考えが甘いと言わざるを得ない。 埼玉 高齢者 ドライバー 安全装置 免許を返納しに軽自動車で訪れて. 対歩行者衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い急発進抑制装置を搭載する車(サポカー) 2. 埼玉 高齢者 ドライバー 安全装置 安全装置のついた車のみを運転出来る高齢者ドライバー専用の新免許制度を政府は検討中らしいが‥ 対象が75歳以上で免許更新時に義務化ではなく選択制. 高齢者ドライバーの危険運転はアイテムで防げるのか? 交通死亡事故は、20歳以下の年齢層を除いて、75歳以上の年齢層で死亡事故が急激に増えるというデータが警察庁交通局から出ています。. サポカー補助金の対象となる中古車の車種等が決定しました(経済産業省ホームページ) 2. 年4月1日までに満65歳以上となる方(※1)(※2)を対象に、 1.

浦和美園に計画されている順天堂大学医学部附属病院の分院を誘致することについて、用地買収は完了しているのか。また、基本設計は既にできているのか。さらに、これらの現在の進捗状況と合わせて、新病院が開院するまでのタイムスケジュールについて伺う。 大学が貸与を要望している土地は県とさいたま市で取得した。大学は浦和美園駅からのアクセスなどを懸念していたが、理事長が現地視察し、学内での建設推進のプロジェクトチーム設置を決定した。今後基本設計に進む予定で、令和5年度末までに開院してもらえるよう取り組む。 ページの先頭へ戻る. いよいよ東京都を地方の自治体でも車安全装置(自動ブレーキ)の補助金制度が開始しました。ほとんどの自治体で70歳以上の高齢者のみ利用できます。 東京都は、自動車がなくても交通網が発達しているので免許返納も視野に入れられるのですが、地方の方は車がないと不便ですよね。早く多くの自治体で車安全装置(自動ブレーキ)の補助金制度が出来ると良いですね。 後付け安全装置 関連記事一覧. 高齢ドライバーの「アクセルとブレーキの踏み間違い」事故が止まらない最近ますますニュースで話題になっていますが、高齢ドライバーによる交通事故が社会問題レベルになってきています。その多くの原因は「アクセルペダル」と「ブレーキペダル」の踏み間違いによるものと予想されます.

安全装備のついていない車に乗り続けているなら、いますぐ買い替えをおすすめします。事故は起きてからでは遅いです。 高齢者自身はもちろん、家族を守る意味でも安全装備が充実した車に買い替えましょう。. See full list on c-hiho. コミュニティ・スクール(※)を拡大する一方、午後6時前後に学校を留守番電話体制にするのは、整合性が取れない。教員を増員することができず、学校も留守番電話にするのであれば、これまでの学校の役割と責任を果たすことができないと考えるが具体的な考え方を伺う。 教育改革の柱は教員の働き方改革と社会に開かれた学校運営である。留守番電話を含む教員の働き方改革で効果的に時間を配分し、スクールソーシャルワーカー(※)など専門的人材の配置や地域の教育資源を活用することにより、社会で役立つと実感できる教育を充実させる。 ページの先頭へ戻る. 次世代自動車振興センターに郵送 4.

65歳を超えたら、あんしんの見守り運転。Ever Driveは、高齢ドライバーの運転状況を家族で共有できる、あんしんの運転見守りサービスです。. 小松市高齢ドライバー安全運転支援補助金申請書(兼請求書) ダウンロードはワードこちら(ワード:22. 装置の機能を過信せず、引き続き安全運転を心がけてください。 衝突被害軽減ブレーキは万能ではありません!(国土交通省ホームページ) 「ペダル踏み間違い時加速抑制装置」の作動をビデオで解説します(国土交通省ホームページ). 幼稚園児が犠牲になった大津市の交通事故では検証後、改善策として交差点の信号待ち地点に車止めの防護柵を設置した。横断歩道の青信号の時間延長など、小さな工夫からも大きな安心を得られるのではないか。そのために重要となる通学路安全総点検の取り組みについて伺う。 平成14年度から5年に1回、学校関係者や保護者による通学路安全総点検を実施している。平成28年度の点検結果に基づき5年間の通学路整備計画を策定し、防護柵や路面標示などの対策を進めており、2カ年で全体の6割が完了した。引き続き通学路の安全対策を推進していく。 ページの先頭へ戻る.

子ども食堂は県内で数が増えている一方、その運営に苦慮している方もいる。県では、今年度からこどもの居場所づくりアドバイザーを派遣して支援するとしているが、具体的にどのような方が何を支援するのか。併せて、食材や場所、資金面でさらなる支援をすべきではないか。 子ども食堂実践者、衛生管理の専門家、弁護士など多様な分野の方がアドバイザーとなり、直接訪問するほか、現場実習により、実践的ノウハウの習得を支援する。今後、こども応援ネットワーク埼玉(※)や、こども食堂応援基金(※)なども活用して支援していく。 ページの先頭へ戻る. 高齢者安全運転支援装置設置促進事業補助金 (都民の皆様へ) 高齢ドライバーによる交通事故が大きな社会問題となっていることを受け、「東京都高齢者安全運転支援装置設置促進事業補助金」を実施しています。. 取扱い事業者の店舗で、装置を 1割の負担で購入・設置できます。 <令和元年度 東京都高齢者安全運転支援装置設置補助制度のご案内> 都から事業者への補助 : 埼玉 高齢者 ドライバー 安全装置 9割(上限10万円) 本人負担 :1割.

農業従事者の高齢化が進む中、新たな担い手が誕生せず、農業従事者の慢性的な不足や荒廃農地の増加が危惧される。首都圏にありながら豊かな生産力を誇ってきた埼玉農業を今後も維持・発展させるためには、担い手の確保・育成が重要な課題である。県はどう取り組んでいるのか。 県内11カ所の就農相談窓口の設置や、22カ所の「明日の農業担い手育成塾(※)」での技術習得支援などの結果、新規就農者は着実に増加している。また、法人化を推進して円滑な経営継承を図るほか、埼玉農業経営塾を強化し、優れた経営感覚を持つ人材の育成に努めていく。 ページの先頭へ戻る. 後付けのペダル踏み間違い急発進抑制装置 の購入等を支援するものです。 (※1)高齢運転者を雇用する事業者を含む。 (※2)年4月1日以降に満65歳となる方については、年3月31日までに登録(届出)または設置された場合は対象になりません。. 本県・群馬県・新潟県は新幹線と高速道路により大変近くなっている。首都圏から日本海を結ぶこの3県が力をつけるために連携することは、未来に向けて大切である。平成25年の防災協定締結以外のこれまでの連携の成果と、今後も3県で連携していく考えがあるのか伺う。 三県知事会議から、ドクターヘリ相互補完による救急医療体制の充実、中国マーケット開拓におけるビジネスサポートの連携などの成果が生まれた。今年度からは、AIなど先端技術活用による農業生産性の向上や少子化対策の連携にも取り組み、今後も各分野での連携を継続する。 ページの先頭へ戻る. 埼玉 高齢者 ドライバー 安全装置 令和元年度第3回参加・体験型高齢者交通安全リーダー研修について(報道発表) 令和元年度第2回参加・体験型高齢者交通安全リーダー研修について(報道発表). See full list on automesseweb. 令和1年12月12日、国の補正予算案で「サポカー補助金」が盛り込まれまれ、65歳以上の高齢運転者は車種等により2万円~10万円の補助金が受けられそうだとニュースで話題になりました。 この「サポカー補助金」は年3月には正式に決まるのはほぼ確定で、ディーラーではすでに新車購入のお客様にむけて対応をしています。.

高齢ドライバーの方へ 安全運転支援装置の購入・設置する際の費用を補助します. 車検証の使用者による補助金交付申請書類作成 3. See full list on bestcarweb. 65歳以上の高齢運転者による衝突被害軽減ブレーキやペダル踏み間違い急発進等抑制装置が搭載された安全運転サポート車の購入等を補助する、国の「サポカー補助金」は令和2年3月9日(月曜日)から申請受付が開始されました。 埼玉 高齢者 ドライバー 安全装置 申請手続き等の詳細については、補助事業執行団体である(一社)次世代自動車振興センターのホームページをご覧ください。 1. めざせ高齢者事故減 県が「限定運転」提案 安全装置の購入補助も /福井 高齢運転者の事故を防ごうと、県は高齢ドライバーの自主的な判断で.

【高齢者ドライバーの限定免許制度改正間近】進まない免許返納の問題点と打開策 年12月に75歳以上の高齢ドライバーの免許制度改正案において、安全運転サポートカーに限定した運転免許の創設することが決まった。.


Phone:(849) 971-3173 x 3236

Email: info@egvt.kupena.ru